40代でも基礎代謝を上げる方法とは

高木です^^

40代に入っている人が筋力増やして、

基礎代謝上げるには筋トレが一番効果的です。
スクワットで基礎代謝アップ
40代になって基礎代謝がグーンと下がる理由はシンプルで、

筋肉量が若い頃と比べると格段に落ちていることと、

あんまり体を動かさなくなってくるからです。

 

筋肉って刺激がなくなると、機能はみるみる低下していきます。

さらにモノグサになって動かなくなると太りやすくもなるってものですよ。

すぐに上げることができる

老化自体を防ぐことはできません。

生き物である限り、誰だって歳をとっていきます。

ただ、日々の生活の合間にちょっくちょく筋トレするなり、

ジョギングを取り入れたりするなどして、筋力量を維持したり、

基礎代謝低下を防ぐことも誰にだってできます。

 

つまり、老化のスピードを遅らせることが出来るってことです。

しかも、すぐにです。

基礎代謝だけなら、若返らすこともできます。

 

逆に言うと、若くっても太っている人っていますよね。

若さにかまけて怠けっぱなしだと、基礎代謝は急速に落ちていきます。

 

例えばですけど、宇宙飛行士って半年くらい宇宙に滞在すると、

戻ってくる頃にはガリガリになってしまっているって話はよく聞きますね。

 

宇宙兄弟ばりにゴリゴリのトレーニングしてる人だって、無重力空間で

暮らしてると半年後には筋肉はしぼんじゃってるわけです。

 

上げやすいけど、下がりやすい。

それが基礎代謝の一番の特徴です。

40代は自重トレーニングでは軽すぎる

代謝はすぐに上がる…っていっても、

やっぱり40代は20代よりも上がりにくいに決まってます。

 

ですので、自重トレーニングじゃ効果ないっていうわけでもありませんが、

すぐに上げたいのならレジスタンス(負荷)トレーニングやることになります。

専門用語っぽいこと言ったかもしれませんが、要は「ダンベル使ってください」って言ってるだけです。

 

自分の体重以上の負荷をかけてトレーニングしていくわけですが、

手に入れやすくって一番手っ取り早くトレーニング初められるのが、

ダンベルですから結局はダンベル使うことになります。

 

その辺に置いてあるブロックでもいいんですけどね。

重さは男性は5キロくらい。女性は3キロくらいで十分ですから、

ウォーターサーバーが自宅にあるって人はそれ使ってみてください。

 

やる種目はスクワットです。

体の筋肉の半分近くは下半身に集中してますので、

下半身のほぼ全部を一気に鍛えられるスクワットが一番ダイエットに向いてます。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ