夜に甘いもの食べたら太るのは「糖分」が多いから

高木です^^

 

よく「夜に甘いもの食べたら太るよー」っていいますよね。

あれって別に甘いものだけじゃなくって、夜っていう時間帯は何食べても太ります。

夜に甘いもの食べたら当たり前のように太る

というのも、食べたらエネルギーとして使われるか、蓄えられるかのどっちかなので、

活動エネルギーとして使う予定のないカロリーはお腹の脂肪に蓄えられちゃうからです。

 

ただ、食べ物によって太りやすさってのは違ってきます。

甘いものは太りやすい食べ物の代表格です。

太りやすいタイミングに太りやすい食べ物食べたらそりゃー太るよって話ですよ。

お菓子(単糖類)が一番最悪

夜になると無性に甘いものが食べたくなる時がありますが、

インスタントのスープでも作って飲んだほうが5倍はマシです。

 

糖質には二種類あって、単糖類と多糖類に分けられます。

単糖類っていうのは、砂糖にたっぷり入っている成分です。

お菓子は単糖類のかたまりだったりします。

 

で、多糖類ってのはお米やパンに入っている成分。

こいつは食べても比較的太りにくいです。

 

この2つの何が違うかって、「体への吸収速度」が圧倒的に違います。

パンよりもお菓子のほうが太りやすいのは、何となく想像できるでしょうが、

単糖類は食べた数分後にはギュンギュン吸収されてしまいます。

 

血液の中に糖分が多すぎると困るので、体は脂肪細胞に糖分を押し込もうとします。

だから、ダイエットしてるならお菓子系のやつは食べちゃダメなわけです。

甘いジュースも危ない

カゴメ生活の野菜ジュースみたいな、一瞬ヘルシーそうなジュースでも、

夜に飲むと太ります。

 

あの手の健康飲料って野菜をたっぷり使って苦くなってしまうので、

砂糖をドバドバ入れて味を誤魔化しているからです。

 

それに、人間の味覚は冷たいものほど甘みを感じづらい性質をもってます。

ホットココアよりもアイスココアのほうが味が薄く感じられますよね。

甘みを感じさせるためにやっぱり砂糖ドバドバ入れてます。

 

そういう甘い系のジュースを飲むのも完全にNGです。

そんなに食べて無くっても太る

ダイエット意識してなくっても、みんな言うほど食べてません。

でも、太る。

 

これって、歳を重ねるごとに代謝が低くなってきているってのもありますが、

甘いものとか油ものとか食べすぎているのが原因です。

 

どれだけ食べるかはあんまり問題じゃなくって、気をつけるべきなのは

何を食べるか。

 

ただ、あんまりにも我慢しすぎても、よっぽどの忍耐力がないと持たないでしょうし、

そんな人生楽しくないですよね。

 

ですので、甘いものは昼間のうちに食べて、夜は早めに寝ちゃたほうがいいですよ。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ